名古屋市の歯科医院 竹内歯科医院 名古屋市中村区名駅2-28-3



インプラント治療 > インプラント治療

インプラント治療

インプラントとは、歯がなくなった後に人工歯根として顎(アゴ)に埋めるもので、その上にクラウンやブリッジを装着すれば、殆ど自分の歯のように噛むことができるようなります。従来の「入れ歯」にはない長所や利点が沢山あります。

しかし、インプラント(人工歯根)を確実に機能させるためには幾つかの重要なポイントがあることを知っていただく必要があります。

まず第1は、インプラント(人工歯根)は顎(あご)の骨にしっかり支えられていなければならないということです。そのために骨の中に埋め込む<埋入手術>が必要になります。現在承認されているインプラントは純粋なチタンという金属でできており、顎の骨にしっかりと結合し、噛む力にも耐えられてことが証明されています。

このチタンと骨が確実に結合する状態(オッセオインテグレーションとよばれる)を得るためには、手術後、インプラントを一定期間(3ヶ月〜6ヶ月)の間、骨の中に埋めたままの状態で維持しなければなりません。その間の期間は、一切インプラントに外力を加えることができません。

そしてインプラントと骨との結合が確認されてから、はじめてその上にクラウンやブリッジを作製する技工作業にとりかかります。それが口の中で無理なく機能するためには精密な調整も必要ですので、通常の歯科治療に比べ「長期戦」になることを認識しておいていただく必要があります。



竹内歯科医院
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-28-3OAピル5F
052-561-4048

Copyright (c) Takeuchi Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com