名古屋市の歯科医院 竹内歯科医院 名古屋市中村区名駅2-28-3



歯周病の予備知識 > 歯周病を理解するための予備知識(2) <歯肉の炎症>

歯周病を理解するための予備知識(2) <歯肉の炎症>

通常の歯周病はまず:<歯肉の炎症>として始まります。

「炎症」と言えば、典型的なものは<やけど=火傷>でおきる皮膚の炎症でしょう。これならばなら素人の方でもすぐに分かることでしょう。
残念ながら初期の<歯肉の炎症>は、<やけど>のように症状が強くないため、気がつかないことが多いのです。
初期の歯肉の炎症が気がつかれにくいもう一つの理由が、本来の<健全な歯肉>とはどんな状態なのか、知らない人が多いからではないでしょうか

では<健全な歯肉>とは:
「うすいピンク色」で、歯の中央部分はU字形をしており、歯と歯の間の部分は細いV字形の形をしています。外観的に引き締まっており、もともと掌(てのひら)の皮膚と同じくらい丈夫な組織です。写真【A】

しかし<初期の歯肉炎>になると:
「赤くなり」「膨れて」きます。歯ブラシで触ると「痛み」を感じたり、容易に歯ブラシで「傷つきやい」状態になります。さらに放置すると、「増殖」状態となり、歯を磨いたり、硬いリンゴをかじったりすると「出血しやすくなる」こともあります。写真【B】

あなたも是非自分の歯肉を鏡で観察してみて下さい。



竹内歯科医院
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-28-3OAピル5F
052-561-4048

Copyright (c) Takeuchi Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com