名古屋市の歯科医院 竹内歯科医院 名古屋市中村区名駅2-28-3



歯周病の予備知識 > 歯周病を理解するための予備知識(3)

歯周病を理解するための予備知識(3)

何故に歯肉に炎症が起きるのでしょうか?

◆ では何故歯肉に炎症が起きるのでしょうか。 ◆
それは歯根の表面に付着する「細菌」が、歯肉の内面に炎症を起こすからです。口の中には沢山の細菌が存在していますが、決して唾液中で浮遊している細菌が炎症を起こすことはありません。

あくまでも歯根表面に付着しそこで増殖する細菌が、歯肉の内面で害を及ぼし、歯肉に炎症を起こさせるのです。

歯周病が進行すると「歯周ポケット」ができる、ということを説明しましたが、この歯周ポケットが深くなると、ポケット内の歯根表面で、さらに沢山の細菌が強固に付着しながら増殖するようになります。そうなると、より病原性の強い細菌(歯周病原菌)が多くなり、いよいよ歯根を支えている骨を破壊してゆくのです。これが本格的な歯周病(第二段階)の始まりです。

◆ では何故歯肉に炎症が起きるのでしょうか。 ◆
それは歯根の表面に付着する「細菌」が、歯肉の内面に炎症を起こすからです。口の中には沢山の細菌が存在していますが、決して唾液中で浮遊している細菌が炎症を起こすことはありません

あくまでも歯根表面に付着しそこで増殖する細菌が、歯肉の内面で害を及ぼし、歯肉に炎症を起こさせるのです。

歯周病が進行すると「歯周ポケット」ができる、ということを説明しましたが、この歯周ポケットが深くなると、ポケット内の歯根表面で、さらに沢山の細菌が強固に付着しながら増殖するようになります。そうなると、より病原性の強い細菌(歯周病原菌)が多くなり、いよいよ歯根を支えている骨を破壊してゆくのです。これが本格的な歯周病(第二段階)の始まりです。





歯周病はどのように進行するのでしょうか?(本格的な歯周病の話)

初期の歯肉の炎症を放置し、なんら有効な治療を受けなければ、いよいよ中の方、というか下の方に向かって進行ししてゆきます。では歯周病はどのような経過を辿って進行するのでしょうか。
下のイラストで大きく3つの段階で進行する過程を示してみました。

竹内歯科医院
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-28-3OAピル5F
052-561-4048

Copyright (c) Takeuchi Dental Clinic All Rights Reserved.